Home > 6_コラム > (コラム) 金価格と株価の相関係数

(コラム) 金価格と株価の相関係数

リーマン破たん以来の不安定な金融環境、そして増大する財政支出のために信用力を失っていく先進国。そんな中でもっとも輝いている資産がGOLD、金です。

金は1971年8月15日(奇しくも26回目の終戦記念日)に当時の米国ニクソン大統領がUSドルと金の一定比率(1トロイオンス=USD35)での交換停止を宣言するまでは、通貨の信用力の基礎となっていました。むしろ、米国経済が拡大していくなかで、1934年以来価値が固定されていたわけですから、経済力に対して金は相当に安くなっていたということでしょう。このニクソン・ショック以降も1975年位までは金の相場は管理されていたようですがその後は完全に自由化されています。金価格の推移です。

g1.gif

この金価格と株価ははたして連動性があるのでしょうか?
1949年を基準とした金価格とSP500、USD換算のTOPIXのグラフです、

g2.gif

ちょっと分かりにくいので、X軸を対数にしてみました。

<以下続きます.....Continue readingをクリックしてください。>


g3.gif

固定相場制の元で日本が高度成長を遂げた様子と、バブル崩壊後の停滞が良く表れています。また、ニクソン・ショックを基準にグラフを描いてみると

g4.gif

といった感じで、金がベスト・パフォーマーですね。では、円建ての金価格とTOPIXの推移です。

g5.gif

そして、金価格と株価は相関係数を調べても、ほとんどというか全く相関が見られません。ある意味最適なオルタナティブになっていると思います。

g6.gif

螺良 靖
マネックスグループ株式会社 CRM (Chief Risk Manager)

―――――――――――――――――――――――――――――――
<ご注意事項>
 資料はカブロボ開発の参考になる情報提供を目的とするもので、投資勧誘を
 目的としたものではありません。
 こちらに掲載された内容は、執筆時における筆者の見解・予測であり、
 情報の正確性や完全性について保証するものではありません。
 また過去の実績は将来の結果を保証するものでもありません。
 当社は本メールの内容に依拠してお客さまが取った行動の結果に対し責任を負
 うものではありません。
 投資にあたってはお客さまご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
                     トレード・サイエンス株式会社
―――――――――――――――――――――――――――――――


Comment:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://kaburobo.sakura.ne.jp/kaburobonet/mt-tb.cgi/392
Listed below are links to weblogs that reference
(コラム) 金価格と株価の相関係数 from KABUROBO.NET

Home > 6_コラム > (コラム) 金価格と株価の相関係数

Search
Feeds

Page Top