Home > テクニカル分析集 | 用語集 > DMI

DMI

DMI とは、「Directional Movement Index」の略で、W・ワイルダによって作られたテクニカル指標です。
真の高値・安値・値幅を使って「PDI」「MDI」という指数を計算します。
PDI、MDI の2指標を使ってトレンドの強さを測ります。
PDI は、「Plus Directional Indicator」の略で、価格の上昇力を表す指数で、単位は「%」です。
MDI は、「Minus Directional Indicator」の略で、価格の下落力を表す指数で、同様に単位は「%」です。

0~100の値をとります。 計算式は以下のようになっています。

真の高値 TH = 今日の高値 > 昨日の終値ならば、今日の高値そうでなければ昨日の終値。
真の安値 TL = 今日の安値 < 昨日の終値ならば、今日の安値そうでなければ昨日の終値。
真の値幅 TR = abs(TH-TL)
PDM = 今日の高値>昨日の高値ならば、今日の高値 - 昨日の高値。そうでなければ 0
PDI = n日間のPDMの合計 ÷ n日間のTRの合計 X 100
MDM = 今日の安値<昨日の安値ならば、昨日の安値-今日の安値。そうでなければ 0
MDI = n日間の MDM の合計 ÷ n日間のTRの合計 X 100 DMIを使った戦略としては、PDI が MDI より上にある状態は上昇トレンドであると考えられます。
一方、PDI が MDI の下にある状態は下降トレンドと考えられます。

上の図は株価チャートと14日の PDI、MDI を描いたものです。
チャートを見ると、2004年12月後半や、2005年8月など、PDI が MDI を超えたときに株価がその後上昇していることが確認できます。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://kaburobo.sakura.ne.jp/kaburobonet/mt-tb.cgi/257
Listed below are links to weblogs that reference
DMI from kaburobo tech support - kaburobo.net/support/

Home > テクニカル分析集 | 用語集 > DMI

Search
Feeds

Page Top