Home > プログラミング > KBストラテジー

KBストラテジー Archive

【TIPS】成績指標(1)

成績指標(1)

カブロボでは成績や特徴を評価するために多数の成績指標が用意されています。
このコーナーでは複数回に渡って様々な成績指標を解説します。

◆トータル純損益

カブロボがどれだけ資産を増やせたかを計る、最もシンプルで大切な成績指標です。
運用期間中の資産の増加率をトータル純損益と呼びます。

例えば、5000万円の資金を6000万円に増やした場合、トータル純損益は20%になります。
逆に4000万円に減らしてしまった場合は-20%です。
売却・買戻ししていない保有株式も時価で評価します。

◆年率換算利回り

トータル純損益を複利で1年間あたりに換算した値です。

例えば、半年間のトータル純損益が10%だった場合、
半年を1年間に換算するために2乗します。
1.1を2乗した1.21、すなわち21%が年率換算利回りです。

運用期間が1年未満で短い場合は、極端な数字になりやすいので注意が必要です。
運用期間が1年を超える場合は、トータル純損益よりも0に近い数字になります。

【TIPS】銘柄の売買判断順序を工夫しよう

限られた資金を効率的に運用するには、銘柄の売買判断順序がとても重要です。
「値上がり率順」や「売買代金順」、「配当利回り順」など、21種類の順序から簡単に選ぶことができます。
設定する際は下記の方法・箇所をご利用下さい。

◆Java Kaburobo SDK

InformationManagerクラスのgetMarketRanking()メソッド

◆KBユニバーサル

「2. 銘柄を選ぶ 」の「銘柄ソート」ページ

◆KBストラテジー

「投資戦略ウィザード」をご利用の場合は、
「基本戦略」ページの「注目株(ランキング)」項目

「詳細設定」をご利用の場合は、
「基本戦略」の「行動」の「注目株(ランキング)」項目

【KBS】投資戦略ウィザードでらくらくカブロボ開発

「Kaburobo Builder ストラテジー」 には、カブロボの開発を効率化するために 「投資戦略ウィザード」 という機能があります。 投資額、保有日数、スクリーニング条件などの項目を選択するだけで、容易にカブロボを設定することができます。

このウィザードで作ったカブロボをベースにして、詳細設定ページで微調整を行いことができます。 初めての方は、「KBライト」の次にお試しいただければと思います。

なお、自分で部品を作り、その組み合わせで高度な設定をすることができる 「KBユニバーサル」 もご用意しています。

Home > プログラミング > KBストラテジー

Search
Feeds

Page Top