Home > プログラミング > KBユニバーサル

KBユニバーサル Archive

【お知らせ】KBユニバーサルの部品を一部変更いたしました。

KBユニバーサルにて、「Stochasticsの%K」の部品に、
使用されない入力欄(移動数)が表示されておりましたので削除いたしました。
カブロボの動作には影響ありません。
一部の方に、ご混乱を招きましたことををお詫び申し上げます。

【TIPS】成績指標(1)

成績指標(1)

カブロボでは成績や特徴を評価するために多数の成績指標が用意されています。
このコーナーでは複数回に渡って様々な成績指標を解説します。

◆トータル純損益

カブロボがどれだけ資産を増やせたかを計る、最もシンプルで大切な成績指標です。
運用期間中の資産の増加率をトータル純損益と呼びます。

例えば、5000万円の資金を6000万円に増やした場合、トータル純損益は20%になります。
逆に4000万円に減らしてしまった場合は-20%です。
売却・買戻ししていない保有株式も時価で評価します。

◆年率換算利回り

トータル純損益を複利で1年間あたりに換算した値です。

例えば、半年間のトータル純損益が10%だった場合、
半年を1年間に換算するために2乗します。
1.1を2乗した1.21、すなわち21%が年率換算利回りです。

運用期間が1年未満で短い場合は、極端な数字になりやすいので注意が必要です。
運用期間が1年を超える場合は、トータル純損益よりも0に近い数字になります。

【TIPS】銘柄の売買判断順序を工夫しよう

限られた資金を効率的に運用するには、銘柄の売買判断順序がとても重要です。
「値上がり率順」や「売買代金順」、「配当利回り順」など、21種類の順序から簡単に選ぶことができます。
設定する際は下記の方法・箇所をご利用下さい。

◆Java Kaburobo SDK

InformationManagerクラスのgetMarketRanking()メソッド

◆KBユニバーサル

「2. 銘柄を選ぶ 」の「銘柄ソート」ページ

◆KBストラテジー

「投資戦略ウィザード」をご利用の場合は、
「基本戦略」ページの「注目株(ランキング)」項目

「詳細設定」をご利用の場合は、
「基本戦略」の「行動」の「注目株(ランキング)」項目

【KBU】資産・注文状況などの新部品を追加

KBユニバーサルに、皆様からのご要望が多かった機能(部品)をリリースいたしました。

◆テクニカル分析手法
  ・26回基準線

◆資産・注文状況
  ・資産評価額
  ・株式評価額
  ・取引余力
  ・現物保有額合計(ポートフォリオ全体)
  ・現物保有額(当該銘柄のみ)
  ・売建玉額合計(ポートフォリオ全体)
  ・売建玉額(当該銘柄のみ)
  ・既注文額(全銘柄)
  ・既注文額(当該銘柄のみ)

「資産・注文状況」の部品はポートフォリオ管理に効果的ですので、お試しいただければ幸いです。

【KBU】部品の詳細名表示機能

KaburoboBuilderユニバーサルのページ下部には、作成したパーツ名のリストが表示されます。このパーツ名の下部に「詳細名」という項目が加わったのはご存知でしょうか?

パーツ名はご自分で入力する方法と、「自動タイトル付けを有効にする」のチェックボックスをONにしておくことでシステムに自動入力させる方法があります。

詳細名は、このうち自動タイトル付けでつけられた名前を保持しています。ご自分でパーツ名をつけられている方も、どんな内容のパーツだったか確認しやすいようになっています。ぜひご活用ください。

【FAQ】ポートフォリオの現在価格の部品の意味は?

Q: KBユニバーサルの売り方にある、ポートフォリオの現在価格の部品は、直近の終値を指しますか?
A: はい、そのようになります。

【KBU】ヘルプ機能のリリース

KBユニバーサルのヘルプをご用意しました。 カブロボ工房、KBユニバーサルの作成メニューからご利用いただけます。

Home > プログラミング > KBユニバーサル

Search
Feeds

Page Top